NEWS

輸入ピーナッツバターNO1.ブランド スキッピーの取り扱い開始について

[2019-02-15]

報道関係者各位 
プレスリリース

2019年2月15日
エヌアイエスフーズサービス株式会社
 

輸入ピーナッツバターNO1.ブランド
スキッピーの取り扱い開始について

エヌアイエスフーズサービス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤井 愼一郎)はアメリカからの輸入商品で世界65か国で販売されているホーメルフーズ社のスキッピーブランド製品の取り扱いを開始いたします。

【『スキッピー ピーナッツバター』とは?】
『スキッピー ピーナッツバター』は1933年にアメリカで発売され、今日まで86年間も続いているブランドです。日本の食卓でも長く愛用されており、パンに塗るという用途だけではなく、さまざまな料理の味付けとしても使用されています。
アメリカ産のピーナッツのみを使用しており、その含有量は90%以上、しかも保存料などの添加物は一切使っていません。

【商品概要】

商品名 スキッピー
クリーミー ピーナッツバター
スキッピー
スーパーチャンク ピーナッツバター
内容量 340g
製品特徴 添加物不使用。
ピーナッツの含有量は90%以上。甘くなく、パンのスプレッドとしてだけではなく、お菓子作りや、料理の味付けにご使用いただけます。
ペースト状なのでスムーズに塗りやすい「クリーミー」とピーナッツの粒を残して、食感を楽しめる「スーパーチャンク」の2種類があります。 

 

【ホーメルフーズ社について】

ホーメルフーズ・コーポレーションは、米国ミネソタ州 オースティンを拠点に、消費者に向けた様々な食肉製品ブランドの製造および販売をグローバルに展開しています。
同社は、豚肉と七面鳥の製造過程と販売における深く広い専門性、技術構築力、高い競争力を活用し、品質と付加価値のある製品ブランドを世界各地の市場に提供しております。
その実績は、過去9年間続けて、フォーブス誌(米国)による「アメリカの大企業ベスト400」に選出されています。同社の製品が提供する品質や味・栄養・利便性・価値は、消費者、小売店、フードサービスおよび、食品業者からも絶大な支持を受けています。

スキッピー ブランドサイト:
http://www.peanutbutter.jpn.com/

【エヌアイエスフーズサービスについて】

会社名 エヌアイエスフーズサービス株式会社
所在地 141‐8582 東京都品川区西品川一丁目1番1号
住友不動産大崎ガーデンタワー
設立 1998年2月27日
資本金 1,000万円
代表者 赤井 愼一郎
事業内容 輸入加工食品、輸入菓子の販売代理店/
国内ブランド食品の販売代理店
食品にかかわる各種コンサルティング、営業代行
各種食品のOEM製造受託

エヌアイエスフーズサービス 企業サイト:
https://www.nis.co.jp/

エヌアイエスフーズサービスは、伊藤忠商事グループ、日本アクセスグループの事業会社として、グローバルな商品調達と全国網の営業ネットワークを強みに活動している会社です。世界各国で認められた美味しさの製品を日本全国の消費者へお届けする事を使命としています。伊藤忠商事と協業でロータスブランドの日本での販売代理業をしています。

【本製品に関するお問い合わせ】
お客様相談室
フリーダイヤル 0120-014-077

ARCHIVE
2019年
2018年